農業会計・経理にも対応!農業生産法人として発展するために強力なサポート

農業生産法人や農業をやっていると経理・会計を理解してくれる人材がなかなか見つからず、苦労することが多いです。プレミアムなイチゴで有名な「ミガキイチゴ」を生産している農業生産法人/株式会社GRAは、地方で創業したこともあり、経理人材獲得に困っていました。どのように課題を解決したか?どのように変わっていったかについてインタビューしてきました。

ミガキイチゴの生産と売れ行きがあがるにつれ、負担が増える経理作業

経理サービス、メリービズ利用事例:食べる宝石 - MIGAKI-ICHIGO(ミガキイチゴ)の農業生産法人/株式会社GRA

株式会社GRAは農業を強い産業とすることで世界中の地域社会に持続可能な繁栄をもたらすことをミッションとしています。農産物の生産販売および輸出、加工商品開発販売および輸出、農業技術の研究開発、産地ブランド開発、新規農業者の就農支援事業、海外生産展開を事業としています。

そんな株式会社GRAの執行役員 経営管理部門責任者である上田 貴史(うえだたかし)氏にメリービズの利用についてきいてみました。

株式会社GRAの執行役員 経営管理部門責任者 上田 貴史(うえだたかし)氏

(メリービズを導入前はどんな状況でしたでしょうか?)

上田 貴史氏:基本的にはお金周りは、私ひとりが担当していました。最初はまぁ伝票入力とかを自分で無理なく処理できる量だったので苦痛ではなかったのですが、段々とイチゴの販売量等が増えまして、さらに販売先も増えて伝票の量も急激に増えてきたため、伝票の仕訳入力業務を外部に業務委託出来ないものかと考えるようになりました。

記帳サービスとか含めてコスト下げたいなと思っていました。入力されたデータをどうするか、BS/PL(貸借/損益)は大事ですが、伝票を入力するという作業自体には価値がなく、自分としてもシーズンの忙しい時期に増えてくる納品書とか、月初になると毎月山のように送られてくる請求書に時間を取られるのは何とかならないのかなと思い、代わりに記帳できるサービスを探し始めました。

納品書の入力を短納期で対応できる。カスタマイズした業務が依頼できるのが嬉しい

(メリービズはどうやって知りました?)

メリービズ事例:上田 貴史(うえだたかし) 執行役員 経営管理部門責任者

上田 貴史氏:以前からメリービズは知っていました。ちょうどメリービズが新しいサービス始めたというニュースを見かけてそれでお願いすることがきっかけなりました。

依頼した内容に応じて伝票の処理方法をカスタマイズしてくれる。当時そんなサービスが中々見つからなかったのでまず聞いてみようと思いました。

探すにあたって2つ条件がありました。一つは固定の担当をつけてほしい。もう一つの条件が請求書ではなく納品書で経理入力してほしい。顧問をお願いしている税理士さんに聞いても記帳代行サービスでは担当が固定されておらず、前回答えた質問をまた再度聞かなきゃいけなかったり、我々のような農業生産法人だと他の人があまり見かけないようなそういう勘定科目もあったりするのでそこをしっかり対応してほしいというのがありました。

請求書が送られてきてから入力すると遅いんですね。発生主義が出来なくなってしまう。スピードとして納品書で入力できないと現金主義になってしまう。
現金主義になることだけはやめたほうがいいと以前から税理士さんにもアドバイスを受けており、そう考えるとお願いする業務委託先がなかなか見当たらなかったです。

世の中に多くある記帳サービスだとどこが良いのかピンと来ず。メリービズでも最初は伝票送ったら入力しますというサービスはありましたが、そのサービスは請求書の入力でしたよね?新しいサービスについて連絡したところ、依頼した内容に応じてカスタマイズしてくれるというのでお願いしようかという話になりました。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。