青色申告から白色申告に変える方法について

個人事業主の方が、確定申告をする場合には、「白色申告」と「青色申告」の2つの方法がありますよね。中には、青色申告にしたけど、白色申告に変更したいという方もいらっしゃるかと思います。そこで、白色申告と青色申告の違いを確認しながら、変更する方法についてご説明します。

個人事業主の白色申告について

確定申告を青色申告から白色申告へ変更

そもそも、青色申告と白色申告の違いについて詳しくわかっていない方も多いかと思います。まずは、白色申告の概要について確認していきましょう。個人事業主の方が青色申告に変更する届出を出さなければ、白色申告になります。
白色申告というと、青色申告と比べて記帳などの手間が簡単なイメージがあるかと思います。ですが、2014年1月以降からは、白色申告者にも記帳が義務付けられています。事業所得、不動産所得、山林所得を生ずる業務を行っている方は、売上や仕入などの記帳を行い、領収書や請求書などの帳簿書類を保存しなければなりません。ただ、青色申告と比べて白色申告は簡便な方法で記帳することが認められています。

個人事業主の青色申告について

白色申告に対して青色申告とはどのようなものなのか確認していきましょう。青色申告を選択すると、複式簿記による記帳や帳簿書類の保存が必要になりますが、税金上の特典をいくつか受けることができます。税金上の特典とは、以下のようなものがあります。

1. 青色申告特別控除

1年間の合計所得金額から青色申告特別控除65万円を差し引くことができます。つまり、その分、所得税・住民税を減らすことができます。

2. 青色事業専従者給与

白色申告者では、専従者に給与を支給することは出来ません。青色申告者では、生計を一にしている配偶者やその他の親族に給与を支給することが出来ます。

3. 貸倒引当金

売掛金・受取手形や貸付金の貸倒による損失の見込額として、貸倒引当金を計上することができます。

4. 純損失の繰り越し

純損失が生じた場合には、翌年以後3年間に繰り越して控除することが出来ます。
続いて、白色申告と青色申告の届出について書きます。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。