HAPPYの共有:スタートアップで実施しているちょっと面白い施策

HAPPYの共有:スタートアップで実施しているちょっと面白い施策

インターンの川田です。二度目の登場です。今回は私がインターンをしているスタートアップ、メリービズで行われているミーティングの様子について書きたいと思います。

ビジネスのこと。スタートアップの様子

メリービズの仕事は非常にチャレンジング。今日もミーティングでは円になって話し合い、新しいアイディアが生まれます。また、よりよいサービスを提供するためにまめに連絡を取り、問題点や不具合があればミーティングで話し合い、早急に解決しています。

 ハッピーの共有とは?

ミーティング中に工藤さんから「最近嬉しかったことを話して」と言われ、新人は戸惑いました。「え?ビジネスと何の関係があるの?」と思いつつ、前日に起こったちょっといい話をみなさんに共有しました。そしてボールを投げ、エンジニアの島田さん(メリービズ社員インタビュー:島田孝文:システム開発も事業開発もできる成長したいためには最適な環境)に順番が回ります。同じように下平さん、土田さんへと次々とボールが回っていきます。全員が話し終わったところでまたまじめな話に戻ります。

HAPPYの共有をする理由

分からないことだらけの新人は今日も工藤さんに質問をします。「どうしてこのようなことをするのですか?」と。工藤さん「それはね、、」以下の理由からだそうです。

チャレンジングな仕事をしていても落ち込まないように!

メリービズは今年で設立5年目の会社です。それゆえに日々の仕事はハードでチャレンジングなもの。そんな環境でも落ち込まず、元気に働けるようにと、初回のミーティングからずっと続けているのだそうです。

お互いのことを知ることができる!

同じオフィスにいるのにプライベートなことには干渉しない、仕事が終われば他人行儀なんて悲しいですよね。仕事の話だけでなく、こういう話もしておけばお互いの性格や行動パターンを理解して、安心して一緒に仕事をすることができますね!

その効果は?

工藤さん曰く、プライベートな意見を聞けるところもHAPPYの共有の利点なんだそうです。

毎日のちょっといいことに気付く習慣をつけることで気持ちの好循環が生まれます。それが日々の素敵なサービスにつながっているのですね。

ビジネスを楽しく!

ここで新人は一番最初の研修で言われたことを思い出しました。それは会社名メリービズの由来です。

Merry楽しむ Bizビジネス

わたしたちが陰気な顔で仕事をしていてもお客様に納得していただけるようなパフォーマンスはありえません。今日もメリービズでは真面目に、楽しくお仕事をしています。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画