FOODiT TOKYO 2016: 外食産業・飲食店の未来をみてきました!

外食産業ではAI・調理ロボットによる効率化の一方でエンターテイメント・ホスピタリティの向上

DSC00342

「FOODiT未来総研が大胆予測!外食産業の10年後はこうなる」で、FOODiT未来総研の外食産業の未来予測がありました。

AI、IoT、情報のデジタル化というところでどんどん人間にとってかわってコンピュータが顧客の好みを理解し、ロボットが調理する未来が話されました。

一方で、「次世代の取組み 古い体質を打ち破れ!~次世代リーダーたちの提言」の中で株式会社サイタブリアの女将、石田弘子さんが「社員・アルバイトにしっかり休みをとってもらっている」というお話をしていました。

結局、「サービス」は最後は「人」で、どこの部分を「人」で大切にしていくのか、どの部分を効率化を優先させるのか、メリハリがもっとハッキリしていくのだと理解しました。

その「人」を大切にする姿勢を、石田 弘子さん、株式会社ゼットン代表取締役会長 稲本 健一さんの会話から感じました。

どの業界でも「人」が1番大事なのですが、サービスというところにおいて外食産業は本当に大切だということがよく理解できました。

メリービズは飲食・外食業界でお役にたてることを確信!

産業は「分業」を通して発展してきました。毎日の生活に必要なものをみんなが自分で手にいれたり、つくる必要があれば大変ですよね。いま着ているもの、使っているスマートフォンやパソコンも誰かがつくって、その対価を支払って手に入れたものです。もちろん飮食もそうで、美味しい料理をつくる方へ対価をお支払いし、自分では決してつくれないような料理を食べることができます。

メリービズはその分業を事務作業の分野で進めていきます。

飲食店はお客様に対する最高の接客や、素晴らしい料理、そしてエンターテイメント性を追求することに集中してもらいたいです。経理は是非メリービズにまかせてください!

飲食・外食業界が更に発展していくためにお力になっていきます!

ちなみにFOODiT TOKYO 2016の様子はこちらの記事をご覧ください。

http://www.inshokuten.com/foodist/article/3478/

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画