リブ株式会社を設立して、メリービズという会計・経理のクラウドサービスを提供しようと思った理由

By: Office Now

リブ株式会社を設立して、メリービズという会計・経理のクラウドサービスを提供しようと思った理由

起業していると、「なぜ起業したのか?」とか、「なぜ会計・経理のクラウドサービスをやろうと思ったのか?」と聞かれることがあります。

いろいろな理由は勿論あるのですが、大事なこととしては、日本の企業を元気にしたいというのがあります。

今回は自分が考える「企業の元気」ということについて書いてみたいと思います。

ビジネスをもっと楽しく!

気がつくと作業に忙殺され、本来にすべきことをする時間がほとんど無くなったり、何をすべきかが見失われてしまう。何のためにビジネスをしているのか?誰を喜ばせたいのか?

起業した時に多くの企業経営者とお会いしました。そして、多くの方が時間が無いことを嘆いていました。

時間は大切です。何かを成すにも志だけではなく、それを実施する時間が無いとできません。

夢を実現する助けをしたい

企業には本来は実現したい「夢」があったはず。それこそが企業の大切なDNAで、企業の命であるはず。

私はファイナンスのプロではありません。ファンドをつくったり、出資をしたり、融資をすることは得意ではありません。

また、起業のプロでもありません。過去に1社創業したことはありますが、まだまだ経験は少ないです。人様に経営について指導するほどの力も経験もありません。

中小企業の味方になりたい。大企業と同等のコスト圧縮を可能にした仕組みを用意したい

自分の役割は何なのか?どういう形で日本の企業のお役にたてるのか?

大企業を見てみると効率化が進んでいるところが多い。規模が大きいから出来ることは中小企業には出来ないのか?中小企業こそ、本業に集中し、無駄を無くせるようにしたい。

そこで、多くの中小企業の業務をまとめて引き受けることで大企業並みの規模を実現して、効率化を目指せないかということを考えました。

つまり、1社だとそれほどの規模ではないため効率化にも限界がありますが、多くの企業が共同で利用することで大企業並みの効率化を目指すということです。利用する企業が増えれば増えるほど、どんどんお安く、効率化が進められます。

クラウド会計、クラウド経理

企業で避けられない作業のひとつ「経理」「会計」があります。

これをどこまで効率化できるかにチャレンジしていきます。

会計・経理で大事なのはただの作業の部分と、経営と密接に繋がっている部分があるということです。

会計関連のデータを入力すること、入金の管理、出金の管理をすることは作業です。

ただ、その数字を理解したり、予測・計画を立てることはすなわち経営です。

経営にもっと集中できるために、便利な道具を中小企業の皆さんに用意したいです。

中小企業を会計・経理から解放!本業に集中できるストレスフリーな世の中を作りたい

あくまでも本業に集中して頂きたいです。会社を起こしてまで実現したかったこと、「夢」を実現するために本気になっている企業を「元気」な企業だと考えています。日本にもっともっと元気な中小企業が増えるように、リブ株式会社はメリービズのサービスを通してサポートしていきたいです。

先日、日経産業新聞で「クラウドソーシング団体」の記事としても「リブ」が掲載されました。多くの期待を感じています。

今後もメリービズは皆さんにお役に立てるようなサービスをつくっていきたいです。引き続き応援宜しくお願い致します。

よろしければ、Facebookの「いいね!」を押して頂いたり、Twitterでメリービズのことを 書いて頂くととても励みになります!

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画