テレワーク月間 – テレワーク普及推進運動 – メリービズ代表の工藤が賛同メンバーとして掲載されました

テレワーク月間とは、テレワーク推進フォーラム(総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、学識者、民間事業者等による構成)の主唱により行われるテレワーク普及推進施策の1つです。

テレワーク月間 メリービズも賛同

企業ニーズに合わせてバーチャル経理チームを組成する、メリービズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:工藤 博樹、以下「メリービズ」)の代表 工藤博樹は、テレワーク月間 – テレワーク普及推進運動 – に賛同メンバーとして掲載されました。

テレワーク月間 テレワーク普及推進運動 賛同 メリービズ 工藤博樹

テレワーク月間 – テレワーク普及推進運動 – 賛同表明

賛同表明

「ビジネスを楽しく!」というVisionを実現するために、今後もメリービズはテレワークをはじめ、働き方改革につながるあらゆる施策を積極的に自社でも活用すると共に、世の中にも普及・推進することを支援していきます。

 

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。