RPA Robotic Process Automationをご存知でしょうか?

日本ではAIが大流行り、AIとつくイベントであれば多くの人が集まります。東京ビックサイトで開催された「AI・人工知能 EXPO」は満員でブースを回るのも一苦労と聞いています。今後も「ビジネスAI 2017」とあります。ただ、「Bot(ボット)」と「テキストマイニング」というのが多いなかでビジネスではどのように活用できるのか?という観点において「RPA」をご紹介したいと思います。

Fintechにおけるロボットの活躍

Fintech and Robotics

第11回目を迎えた、Fintech Meetupでは、

Fintech Meetup: Q&A on Robotics x Finance- Optimizing operations by removing the human
「ロボティックス x 金融サービス- 人間を解放して、オペレーションを最適化」

という題名でパネルディスカッションが行われました。

RPAのリーディングカンパニーである、BluePrism社のステファン・ティックヒル氏と、BluePrism社の技術も取り入れているスタンダードチャータード銀行のリアム・グリフィス氏、モデレーターのEYアドバイザリー・アンド・コンサルティングヴィノ・パレリ氏が登壇されていました。

ロボティックスといっても、Peper(ペッパー)くんのような姿・形があるロボットのお話ではありません。

RPA: Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)をご存知でしょうか?

RPA image merrybiz
Photo by Bildmaterial untitled exhibitions gmbh

日本では人工知能・AI(Artificial Intelligence)がもてはやされていますが、実際にビジネスで活用されているのはごく僅かです。

RPAは

認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。 Wikipediaより

つまり、ホワイトカラーを中心に事務作業等のルーチン業務を自動化する仕組み等を指します。

皆様の会社でも、毎月

  • 日報を集計する
  • 全店舗の収支(PL)をレポートに集計する
  • アンケートの内容をグラフ化する
  • 投資先の財務諸表をもとに企業価値を算出する

等、ルーチンで単純作業があるのでは無いでしょうか?

このような作業を正社員がおこない、もっと重要な業務を実施する時間がなくなったり、残業を余儀なくされたりする場面があるかと思います。
将来はそのような業務はRPAにとって替わられ、社員はより付加価値の高い仕事をする、またはライフ・ワーク・バランスをとれるようになるかもしれません。

メリービズは、中小企業の事務作業をロボティックスで世の中から無くします

メリービズは経理サービスのウェブシステムを開発した2014年から、RPAの活用を含めて、クラウドソーシング(Crowd Sourcing)、画像認識、ハードウェア等による自動化にチャレンジし、進めてきました。

今後も、皆様がよりコア・ビジネスに集中できるように、ご支援していきます。
また、RPAについてご興味がある企業は是非ご連絡お願い致します。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。