個人事業主が簡単にお得に節税し確定申告する賢い方法とは

起業した直後の個人事業主の方や、急激な業務拡大で多忙を極めている個人事業主の方、あるいは、そうでなくても毎日本業で忙しい個人事業主の方にとって、確定申告のための日々の経理業務は大きな負担になっているのではないでしょうか?

ついつい後回しにしてしまうと伝票類がたくさんたまってしまい、余計に伝票処理が嫌になるという悪循環に陥ってしまっていませんでしょうか。そのような個人事業主の方が簡単に、しかも節税しつつ、面倒な確定申告を終わらせるにはどうしたら良いでしょうか。その方法についてご紹介します。

確定申告
確定申告

会計ソフトを使用して自力で確定申告を行う

最近、無料あるいは低価格な会計ソフトが人気です。会社の事業内容や規模、会計処理の方法などが、その会計ソフトの機能と合っていると効率よく作業をすることができます。

今までの会計ソフトは会計の知識があることが前提になっていましたが、最近の会計ソフトは、取引内容から仕訳の勘定科目を予測してくれるので、会計知識がなくても使いやすくなっています。

一定の限界はありますが、会計ソフトを使用しながら、少しずつ会計知識を増やしていくこともできますので、時間はかかってしまうかもしれませんが、確定申告を自力で行うことも可能です。

ただ、あくまでも会計ソフトは確定申告の時間を短縮するため、税理士などへの
アウトソーシング費を抑えるためのツールです。そこからさらに、節税をしたいという場合は、具体的な知識を蓄えていく必要があります。

経理処理の必要なパートだけをアウトソーシング経理業務を外部企業に
アウトソーシングするという選択肢もあります。経理業務を一括で請負うサービスもあれば、記帳業務のみ、決算関連業務のみといったような、業務単位で

請負ってくれるサービス、税理士に必要なときだけアドバイスをもらえるサービスもあります。たとえば、自身の時間や経理に関する知識のレベルを考慮して、
確定申告業務のみ、記帳のみ、年末調整事務のみ、請求書発行事務のみ、決算書類作成業務のみなど、必要な部分のみをアウトソーシングしてみるのはいかがでしょうか? この方法のメリットは、経理の全業務を委託するのに比べて費用を安く抑えられる、ボトルネックが解消できるなどがあります。

経理業務を一式アウトソーシング

経理業務一式をアウトソーシングして、確定申告や節税対策まですべて依頼する方法もあります。ある程度の事業規模になった会社は、検討する価値があります。

なおこのケースでは、確定申告を行うことが目的ではなく、単なる事業経営の通過点と考えなければなりません。確定申告を行うよりも事業を継続・発展させることが重要だからです。事業のために必要な外部の力を借りるという観点で、経理業務をアウトソーシングすると大きなメリットが得られます。

必要なときだけ税理士に相談

税理を顧問として雇うのは、起業直後の個人事業主にとっては財政的にも負担が大きいです。そういった場合は、必要なときだけ税理士のアドバイスをもらえるサービスを使うのもよいでしょう。外部の第三者の目から見た事業リスクに関するアドバイスなど、当事者には見えていないモノが第三者に見えて客観的・論理的な判断をする助けになります。

また、資金繰りや銀行交渉などに関して的確なアドバイスが得られたり、最適な節税対策のアドバイスが得られたりもします。大切なのは、専門的なスキルをお金で購入し、個人事業主がそこに割く時間を省き、その時間を事業経営にあてて事業の拡大に専念することです。

効果的な確定申告を行うために

会計ソフトや経理業務の請負サービスは多様化が進んでサービス内容も発展しています。勉強の意味も込めて自力で経理業務をするというのも、よい心意気ではありますが、アウトソースをうまく利用して事業に集中することも大切です。最新のサービスを積極的に利用して、賢く確定申告をしていきましょう。

参考URL
青色申告のメリット(1)最高65万円の青色申告特別控除がある
http://www.blue-return.info/?p=1050

青色申告って何?
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1203/05/news053.html

ちなみに、入力作業も会計ソフトも不要!送るだけで確定申告ができるシンプル確定申告の内容はこちら!

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画