レシートと領収書の違い:レシートは領収書の代わりになる?

レシートと領収書の違い:レシートは領収書の代わりになる?

レシート・領収書の違い今日はメリービズが毎日扱っているレシートと領収書について書きます。

領収書とは

消費税法では領収書は以下の項目が必要としています。

  • 購入者名(3万円以上の場合)
  • 購入年月日
  • 購入先名
  • 購入品名
  • 購入金額

しかし、税法等には、領収書の明確な要件の記載がありません。

レシートと領収書の違い

レシート・領収書も金銭の授受があったことの証拠として用意されています。このために金銭の授受の内容が分かるのであればレシートでも領収書でも税務署としては問題ありません。

ただ、慣習や各会社での経理ルールが法律とは別にあり、領収書で無いといけないという場合もあります。そのためレシートでは税法上許されないと思っている方も多いのではないでしょうか?

よくレシートをもらった上で別途領収書を要求する方をみるのもそういう理由でしょう。

ただし、日付や購入先、購入品名がない場合はあとで内容が思い出せない場合があるため注意が必要です。

レシートで注意すべきこと

レシートは感熱紙を利用している場合があるため、時間の経過と共に消えることがあります。

内容が消えないようにする、またはコピー等をとって保管するようにしましょう。

領収書を発行する際に注意すべきこと

領収書を発行する場合、一緒にレシート等をお渡しにならないように気をつけてください。いらなくなったレシートを確実に廃棄するまたは、渡していない証拠として保管する等する必要があります。

また3万円以上で領収書を発行する場合は印紙を貼る必要があります。

領収書がない場合、無くした場合はどうすべきか?またSUICA, icoca, kitacaはどうするか?

経理上はレシート・領収書が無くても取引の事実がキチンと記録されていれば良いです。取引を証明する他の書類等も保管しておくとより良いでしょう。

実際、suica icoca toica kitaca sugocaなどの交通系ICカードでは駅を利用するとレシートは出てきません。

ただし、大きな金額の取引の場合に領収書が無い場合は税務署に疑われる可能性が高いです。

 

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。