決算書を読むための経営用語まとめ

決算書の読み方

「決算」について、経理部門でない人やまだ若い人は自分には関係ないと思っていませんか? 決算は会社の経営状態を示す重要な資料です。自分の会社が順調に伸びているのかは、把握しておきたいですよね。今回は、決算書が苦手だと思っている人に向けた、決算書を読むための基本用語をご紹介します。

決算資料はB/SとP/Lが肝!

決算資料は貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、事業報告……などいくつかの資料から構成されます。その中でも重要なのは貸借対照表(Balance Sheet、B/S)と損益計算書(Profit and Loss Statement、P/L)です。

貸借対照表(B/L)

バランスシートといわれるもので、資産、負債、純資産の要素から成り立っています。これは決算日の財務状態を表しています。左側に資産、右側に負債と純資産が記載されています。左右の合計金額が一致するように出来ているため、バランスシートと呼ばれています。

バランスシートは会社がどうやってお金を工面して(負債、純資産)、それをどのように使っているのか(資産)を知るための資料です。

  • 資産=負債+純資産

資産

簿記でいう借方で、貨幣価値のある会社の所有物のことです。さらに3つに分類されます。

流動資産

一年以内に換金が可能な資産で、現金、銀行預金(当座預金、普通預金)、棚卸資産、売掛金、短期有価証券、未収金などが含まれます。

固定資産

土地や建物、什器、備品などの有形固定資産、商標登録や権利などの無形固定資産、投資などが含まれます。

繰延資産

創業費や開業費、新規事業のための開発費などが含まれます。

負債

簿記では貸方に分類され、支払や返済義務のある取引のことをさします。さらに下記のようにわけられます。

流動負債

一年以内に返済が完了する負債で、買掛金、支払手形、未払い費用、短期借入金、クレジットカード残高などが含まれます。

固定負債

返済予定が一年をこえる長期の負債です。

純資産

簿記では貸方に分類されます。会社が所有するお金のことで、資本金、繰越利益余剰金などが含まれます。

損益計算書(P/L)

損益計算書は会社が1年間でどれだけ売り上げて、どれだけ利益を出したかをまとめた資料です。売上高から経費、販管費など、かかった費用を引き、最終的に当期純利益を算出しています。

売上高

会社の全収入です。

売上総利益

粗利益、粗利という単語を使う会社も多いかもしれません。売上高から売上原価(売上を生み出す為に直接必要となる費用)を差し引いたものです。

営業利益

売上総利益から、さらに販管費を差し引いたものです。販管費には下記のような費用が該当します。

  • 給与手当
  • 広告宣伝費
  • 交際費
  • 事務所賃料
  • 水道光熱費

経常利益

営業利益に営業外収益や営業外費用、雑収入、配当金などを加算、減算した結果の数値です。経理部門以外で、ここまでを自部門で管理しているところも多いかもしれません。

税引前当期純利益

経常利益に特別利益、特別損失をプラスマイナスした数値です。

当期純利益

税引前当期純利益から法人税などの各種税金を引いた、今期の会社のもうけのことです。

初心者はまずP/Lのここに注目!

経理の数字になれていない人はここまでで、おなかいっぱいかもしれませんが、下記の比率にも着目してみると、より深く会社の状態を理解することできます。

売上高総利益率

粗利÷売上高×100で計算され、粗利率という単語で呼ばれます。

この数値が高ければ、それだけ利益を出しやすい状態であるといえます。前期と比較して数値がどう変化しているかを見てみましょう。また、この数値は業種により平均値が異なるので、同業他社の決算情報と比較をしてみると、自身の働く業界についても知識を深めることができます。

まとめ

決算資料は会社の今を読み解く大切な資料です。この資料からは多くの情報を読み取れます。ただ、難しい経理用語が使用されていたり、お金の流れや計算の仕組みを知らないと、なぜここにこの数値が記載されているのかがわからないことがあると思います。

すべてを理解するのは大変ですが、いくつか見るポイントを決めて、自分の所属する部門の数値を追ってみるところから始めてみましょう。

経営視点から自分の仕事を見ることで、新たしい気づきがあるかもしれません。

参照:

 

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画