今の税理士さん、本当に一番良い選択肢ですか?税理士で失敗しないためのポイント

メリービズは税理士に関する相談をよくうけます。そのなかで「あー、勿体ないな」と思うことが多いです。正しい税理士を選べばもっと事業が伸びるのにということも多いです。そこで今までの経験から税理士で失敗しないためのポイントを書きます。

税理士が事業を理解していない

税理士で失敗しないためのポイント

飲食店を経営している会社の顧問だが、「原価」「棚卸し」「回転率」とかが分からないという話をきいたことがあります。同様に、不動産管理の会社だが、「稼働率」「滞納推移」「賃貸面積」という用語を知らないという話もありました。IT関連だと、「SaaS」「AWS」「Adwords」等の用語を最初しらないまでも勉強をしてほしいですね。「カード明細にあるAWSって何ですか?」と毎月聞かれると困りますね。
どのように料金体系になっているか(一括購入、毎月支払い、等)、サービスの提供完了時期等、会計上重要なことを理解していないと正しい会計ができないですね。

税理士からアドバイスがない

言われたことはやるが、それ以上何もアドバイスが無い税理士もいます。質問してはじめて答えてくれる場合があります。しかし、はじめての会社経営の場合だと何を聞けばよいかも分からない場合があります。「節税をするには、ここは分割して資産を経費にした方がよい」とか「支払いの条件を見直した方がよい」「銀行とこのように交渉すると良い」等のアドバスは言われてはじめてわかるものですね。積極的に教えて頂ければ嬉しいですね。

経理作業が仕事だと思っている

渡したレシート、領収書、通帳、請求書の仕訳をし、月次試算表をつくることが仕事になっている税理士もいます。
最近だと、会計ソフトや経理入力代行サービスもあるため、これだけだと税理士はあまり要らないです。
実際に経理作業をやるなかで気付いたことをフィードバックして欲しいですね。

そもそも税理士と連絡がとれない

メールをしても数日経たないと返事がなかったり、電話しても全然でない税理士さん、いませんか?困ったときだと連絡がとれないと非常に困りますね。心配になります。
もちろん、多くのお客様(顧問先)を抱えているため、すぐに返事がない場合もあると思いますが、せめて1日以内に返事が欲しいですね。
こちらから、数日後に「メールお送りしましたが、届いていますか?」と連絡しないといけないのは勘弁したいですね。

優秀な税理士であれば節税に対する提案や、資金繰りについて一緒に考えたり、銀行との交渉に同席したり、経理オペレーションを設計してくれます。

メリービズでは優秀な税理士を選び抜いて紹介しております。税理士で悩んでいる方は是非「お問い合わせ」からご連絡ください。相談等は無料です。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。