【決定版】税理士を選ぶ方法:間違った税理士を選ばないためには?

事業もはじめたし、そろそろ税理士を探したい!いまの税理士とはうまくいかないから変えたい!どういう税理士が自分にあっているのかわからない!そんな方はいますか?事業の大事なパートーナーになる税理士、間違った税理士を選ばないためのポイントについてお伝えします。

そもそも税理士と会計士の違い

税理士・会計士の選び方。間違えないためには?

税理士と会計士はどちらも国家資格です。

税理士とは税理士法52条では、「税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行ってはならない。」とあります。

ただ、会計士は税理士登録をすれば税理士業務を実施することができます。ただ、会計士は税務や簿記の勉強をしていないため、資格試験以外で勉強する必要があります。

税理士における大事なポイント

税理士は専門家として、皆様の強い味方になります。ただ、多くいる税理士から自分とあう税理士を見つける必要があります。お医者さん選びに似ているかもしれません。自分があまり得意でない分野で誰に頼れば良いか悩ましいですよね?

ここでは、専門家である税理士を選ぶために考える大事なポイントを紹介します。(これだけを考えれば良い訳ではありませんが、大事なポイントとしてお考えください)

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。