価値観の構築と自分の領域のつくり方

慶應大学の学生さん向けに講演をしました。

タイトルは”A message from an entrepreneur: How to build your value system and create your own domain” 留学生も多くおり、フランス人、カナダ人、アメリカ人、中国人、韓国人と多国籍の意見がきける、とてもいい会になりました。

 

大企業、小さな企業、ベンチャーといろんな企業、および仕事を経験した自分経験の中から、大学生の時に自分が一番聞きたかったであろう内容を選びました。

それはタイトルにもあるように、「価値観の構築」と「独自領域の作り方」ということです。

大学生の自分は、

    • どんなキャリアを構築しようか?
    • どんなプロフェショナルになりたいのか?
    • どの会社に就職しようか?
    • いつMBAを取得しようか?
    • いつ起業しようか?

ということを考えていました。

自分は「経営のプロ」になりたいとこの頃思っていました。でも、そのためにどのようにキャリアを積めば良いのかが分からなかったのです。そもそも会社勤めもしたことがなかったのです。当時(1999年)の日本は、アメリカで一般的なインターンシップもあまり浸透していませんでした。大手経営コンサル会社、NTT、等限られた会社しかありませんでした。その中で自分は富士ゼロックスと会社で2ヵ月営業をやりました。

しかし、富士ゼロックスの当時の営業のチグハグさは理解出来るも、自分の問いへの回答は得られませんでした。

そんな自分に今ならアドバイスすることが、「価値観の構築」と「独自領域の作り方」です。

自分はどんな人間になりたいのか。どんな人生を「幸せ」と感じるのか。難しい問いは最終的に自分の価値観に照らしてでしか判断できないのです。

自分の人生で絶対に達成したいことに向けてどう進めていくかが「キャリア・パス」になり、「自分の領域」つまり自分の得意分野をつくっていくことに繋がります。達成したい目標に対して、自分が果たす役割と仲間を集めて補う役割とを整理します。そして自分の役割を担うために必要な得意分野を確実に会得していけるように生きるのです。  

 

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画