価格戦略: フリーランスにとって (第2部)

 

第1部から時間があきましたが、お待たせしました!

第2部をブログに載せます。

プロジェクトという不確定なものに対してどのように値段をつけるかは経験があってもなかなか難しいですね。

(以下は記事の翻訳です。詳細な内容は原文をご確認ください。)

——

前回の記事では、フリーランスのための、個別案件ごと・一時間ごとの価格決定モデルを紹介いたしました。今日は、プロジェクトごとの価格決定について見てみましょう。この戦略は、フリーランス・顧客双方にとって利益をもたらしますが、正しく実行しないと意味がありません。

 

プロジェクトごとの価格決定

プロジェクト価格を設定すれば、あなたも、顧客も、プロジェクトの全体額が把握できて安心です。 残る疑問は、どのようにして良いプロジェクト価格を設定するか、ということです。自分の時給を計算する作業はこの価格決定に役たちます。さらに、重要なプロジェクトタスクを成し遂げるのにどれくらい時間がかかるのかを知らなければなりません。時間を計りつつプロジェクトを実行すると、実際的な時間の感覚を掴むことができるでしょう。あなたはおそらく、ウェブ検索やソーシャルメディアの更新などに実際どれくらい時間がかかるかを知ったら驚くことでしょう。時間を図りたい場合は、Rescue Timeなどのツールを使いましょう。このツールは、あなたが何をやってきたかや生産性を知らせてくれます。

 

プロジェクト価格の微調整

フリーランスのプロジェクトを実行するのにかかった時間が分かったら、その時間×時給=基本料金です。しかし、待ってください!そこで価格が決定したわけではありません。殆どのプロジェクトは、順調には進みません。補正作業や、その他予測できないハプニングへの対処のことを考えて、時間を多めに設定しておきましょう。こうすることによって現実的なプロジェクト価格ができます。ここで、相場価格を落とさないように気をつけましょう。競争相手のホームページや、フリーランスの収入に関するアンケートの結果などをチェックして、自分の価格と比較してみましょう。もしもあなたの価格が他の人の倍あるとすれば、それだけあなたの仕事に価値がなければならないということです。これが、次の重要な点に繋がります。

 

専門知識に比例する価格決定

あなたの価格戦略を左右するもう一つの要因があります。それは、もしもあなたが専門家であれば、より多くのお金がもらえる、ということです。あなたの顧客は、プロジェクトのみのためにお金を払っているのではありません。あなたが積み上げた知識と、プロジェクトを実行する際に用いるスキルにもお金を払っているのです。ここでのリスクは、あなたの顧客が、あなたとほとんど同じレベルでより安い人を選んでしまうということです。このようなことに備えて、資格一覧を用意しておきましょう。良質のフリーランス・ポートフォリオ(過去のフリーランスの実績)と、なぜあなたはその価格を払うだけの価値があるフリーランスなのかの説明が、ここであなたの強い味方になります。

 

価格を上げる

価格決定というパズルに必要な最後のパズルピースは、価格を時おり調整することです。仕事に必要な費用は毎年インフレで上昇するので、価格もそれに合わせて上がらなければならなりません。あなたは、自分の仕事の専門性を高めていくでしょう。顧客にとって価値があるサービスを追加するのも良いでしょう。どうやって顧客をなくさずに価格をあげるか?ここでは、いくつかのコツを紹介します。

 

  • より良いフリーランス・ポートフォリオを手に入れて、あちこちで見せましょう。自分が持っているスキルをすべて書き、推薦も含め、Twitter・LinkedIn等へのリンクなどがあれば、必ず載せるようにしましょう。
  •  自身のホームページやポートフォリオに、自分が提供しているサービスを述べる際に、顧客にとってどんな利益があるかを目出させて強調しましょう。
  • あなたのサービスに満足してくれた顧客からの良いコメントを載せましょう。
  • 価格よりも、専門性を重視してくれる顧客を集めることに力を注ぎましょう。
  •  自身のホームページなどで、価格を時おり上げる、ということをあらかじめ顧客に明確にしておきましょう。

 

あなたにしっかりとした経験があって、それが証明できるのであれば、自信をもって価格を上げることができるでしょう(もちろん、正しいタイミングで)。もしも不安であれば、新規顧客へ提示する価格はあげ、既存顧客には一時的に割引きを設けましょう。こうすることによって、市場の限界を窺うことができます。これで何も問題なければ、全員に対して価格を上げましょう。あなたはどの戦略を試しましたか?

——–

オリジナル記事はこちらです。

http://www.donanza.com/blog/2012/05/14/pricing-strategies-for-freelancers-part-2/

 

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画