2013年の目標は「現状維持」!? 達成しやすい目標設定のコツとは? :ダニエル・ピンク

new year's resolution

みなさん、新年あけましておめでとうございます。

さて、心機一転して新年の気持ちの良いスタートを切りましょう。私はこの度今年一年の目標を何にしようかと考えながら、ケリー・マクゴニアル氏にアドバイスを求めました。

ケリー氏はスタンフォード大学で教鞭をとっており、この度新著「スタンフォードの自分を変える教室」を書き下ろされました。この本で彼女は、セルフコントロールに関して心理学、経済学、神経科学的な分析を行っており、とても説得力がある(そして人の直感に反する)アドバイスをしています。

今回、私が彼女に行ったショートインタビューをご紹介しましょう。

2013年の目標は「何もしない」こと!? 達成しやすい目標設定のコツとは?

あなたは、著書の中で、新年の新たな誓いを立てるかわりに、これまでの習慣を変えないことを宣言するべきであると主張されていますが、それは何故でしょうか?

たいていの人が、将来の選択を考える際に、基本的な誤りを犯しているのです。私たちはそれが間違いであるにも関わらず、それでもしつこく今日とは違った意思決定を明日行おうとするのです。

今日はジムに行くのをさぼったけど、明日は必ず行こう。今日これをクレジットで購入したら、もう今月はこれ以上買い物をしない。今はこの仕事に手をつけたくないけど、明日の朝一番にこれをやろう。 将来に確固たる信念や決意を持てば持つほど、ますます今日の自分に甘んじてしまうのです。 実のところ、明日また選択の余地があるだろうと思うことで、ますます現状の習慣やくせを選んでしまうことになるのです。

行動経済学がこの問題について、興味深い解決策を与えてくれます。 日々の行動を変えたいと思ったら、その行動自体を変えるのではなく、その行動における「変化」を出来る限りなくすよう努めるべきなんです。

行動における「変化」とはどういうことなのでしょうか?

禁煙をしたくても出来ない人を例にとって考えてみましょう。禁煙でよくあるのは、吸う煙草の本数を減らすため喫煙目標を定めたり、今すぐタバコを吸うのをやめようとすることです。そうではなくて、その代わりに毎日同じ本数のタバコを吸うことを心がけてみてください。 調査によると、毎日同じ本数のタバコを吸うように心がけていると、特にタバコの数を減らすように言われていなくても、自然にタバコを吸う本数が少なくなってくるということです。

ふーむ、本当でしょうか?どうやってそうなるというのですか?

人は「明日はきっと違うはずだ」という思い込む認識の縛りから解き放たれるのです。 一本一本のタバコは、今日のもう一本ではなく、明日の一本、明後日の一本、明明後日の一本にもなるのです。本当にタバコをやめたい人にとっては、これが変わることが可能かの現実性チェックになっています。

だとすると、現実性チェックをする誘惑に駆られた時に、自分になんて言い聞かせれば良いのでしょう?

一つ一つの意思決定が、あなたの未来の選択肢に結びつくものであるという風に考えてみてください。つまり、「今このキャンディーバーを食べたいんだろうか?(もちろん、もう今週はこれ以上キャンディーバーを食べないと自分に嘘をつきながら)」と問いかける代わりに「毎日おやつにこのキャンディーを来年まで食べ続けることの結果を望んでいるのか?」と問いかけてみてください。もしやらなければいけないことを後回しにしたくなったら、「これを今日か明日にやらなければならないのか?」と問いかけるかわりに、「いつもこれを明日に後回しにし続けることの結果が欲しいのか?」と自分に聞いてみてください。

なるほど、ではあなたが今年何も変えないと誓っていることはなんですか?

長年、私はずっと守り続けられてきた、何も変えないという年初の誓いをたくさん立ててきました。たとえば、毎日運動をしないという選択をする代わりにに、運動を毎日するといったようなことです。ですから、私は身をもって習慣を変えないことの効用を知っているのです。今年の目標は、睡眠に変化をもたらさないことです。私は、色々な誘惑があったりするせいで睡眠が不規則です。十分な睡眠をとるだけにとどまらずしっかりと規則的な睡眠を守ることの肉体的、心理学的な効用についての素晴らしい研究結果が発表されています。どうぞ午前2時に私にメールを送ったり、ツイッターのタイムスタンプをチェックしてみてください。私が約束を守っているのがお分かりになるでしょうから。

あとがき

今日のダニエル氏の記事はいかがでしたでしょうか?

新年は勢いもあって達成出来そうにない無理な目標を立てがちですが、変化をしないということも大事なんですね。何事も自分に嘘をつかないということが大切です。

メリービズは確実に経理のお仕事を皆様に代わり、実施していきます。本年もよろしくお願いします。

【お願いします】一番下にあるダニエルさんの原文も是非クリックください。反応があると、この記事翻訳も来月以降続けられます。ご協力お願い致します。

daniel-pink

著者:ダニエル・ピンク

アル・ゴア米副大統領の首席スピーチライターを務めたことで知られる。「ワシントン・ポスト」や「ニューヨーク・タイムズ」で、経済やピジネス戦略について書寄稿。 著書『ハイ・コンセプト』、『モチベーション3.0』『フリーエージェント社会の到来』

 

原文:How to make a New Year’s non-resolution

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画