【働き方の教科書その3】クリエイティビティ全開!面白法人KAYAC

【働き方の教科書その3】クリエイティビティ全開!面白法人カヤック!!

 面白い働き方をしている企業にインタビューする【働き方の教科書】シリーズも今回で第三弾になりました。

今回ご訪問したのは、‘面白法人’として有名な株式会社カヤックです。

カヤックさんの面白い制度とは?

サイコロで給料が決まる、声に着目したアプリを作っている、IT企業なのにどんぶり屋も運営するなど、非常にインパクトのあることを行っておりますが、

今回のブログでは、そんな面白法人カヤックの、まだ知られざる面白ポイントベスト3を挙げていきたいと思います!

カヤックさんの面白ポイントベスト3

第3位 開始時刻が面白!

カヤック社の就業開始時刻は9時19分からとのことです。

その理由は、遅刻を防止するためとのことです。

以前は10時就業開始でしたが、そのときは社員の方々の遅刻が発生することが多かったとのことです。

そこで、社員が出社時刻を計算して家を出ることを防ぎ、社員が就業開始時刻前に到着するように、「クイック」に掛けて9時19分を就業開始時刻にしたそうです。

深夜まで仕事をすることが多く、朝に弱くなりがちなITベンチャー企業で遅刻の防止策を考える際に、非常に参考になる考え方だと思いました。

また、ただ単純に何時を開始にするかを決めるのではなく、クリエイティビティをもって問題解決にあたっている点もカヤックならではなのではないでしょうか。

それでは次に第2位を発表したいと思います。

第2位 環境が面白!

畳や縁側を意識した構成になっている点や、机の配置、インテリアなどが非常にユニークであり、仕事場であると同時に遊びの要素も感じられました。

今回、情報漏洩の点で写真を撮ることはできませんでしたが、ご興味のある方は是非こちらのリンクから飛んでみてください。
カヤックのユニークなオフィス

また、自然と歴史が共存する鎌倉は、都会の喧騒から離れたゆったりとした環境であるため、働く環境としては、とてもよい場所であると思います。

そして、社員は一つのプロジェクトにコミットするのではなく、複数のプロジェクトに関わっているため、今日は鎌倉のオフィス、明日は恵比寿と言ったように、働く場所を変えることで、常に刺激を得られるような働き方ができるのではないかと思いました。

では、最後に第1位を発表したいと思います。

第1位 朝会が面白!

カヤック社では朝会でブレストを行っているとのことです。

カヤック社のブレストは、良い悪いを批評することを一切せず、マシンガンの如くアイディアをブレストしていくそうです。また、参加の方法は単にアイディアを言うだけでなく、面白いシャツを着ていくなど方法も認められています。

この朝会の習慣で、カヤック社の社員はクリエイティビティを常に磨いているとのことです。

また、ただアイディアを発散させるだけでなく、ディレクターがアイディアを持ちかえり、プロジェクトに落し込むことで、面白いアイディアがビジネスと実現するそうです。

アイディアとビジネスをしっかり結びつける仕組みがあることが、カヤック社の強みの一つなのではないかと思いました。

編集後記

カヤック社はクリエイティビティを磨き続けられる社内文化を持ち、インスピレーションを得られる環境に拠点を置き、詳細な点にもクリエイティビティを発揮することで、‘面白法人’としての存在感を高め続けられるのではないかと思いました。

今後もどのような「面白!」を実現なさっていくのか、非常に興味深い企業でした。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画