どうやってスタートアップアイデアを得るか? ポール・グレアム Part7

どうやってスタートアップアイデアを得るか? ポール・グレアム Part7

ポール・グレアムさんのブログに11月20日に投稿された記事がとても面白いです。一番の原点である、スタートアップのアイディアについて書いてあります。この前をお読みになられていない方は、こちらもどうぞ。

 

  • Part1
  • Part2
  • Part3
  • Part4
  • Part5
  • Part6
  • 今回はセクシーとかシンプルとかだけがいいアイディアではないというお話です。メリービズとしては、ほっとする話です。

フィルター

スタートアップアイデアに気づきたいのであれば、オフにする必要があるフィルターがもう二つあります。アンセクシー(unsexy セクシーじゃない)フィルターと苦行(schlep)フィルターです。

ほとんどのプログラマーは、単に天才的なコードを書き、それをサーバーにプッシュし、ユーザーに大金を払わせることでスタートアップを始めることを夢みています。彼らは、骨の折れる課題や、現実世界と面倒なことに出来れば関わりたくなくのです。これは、もっともな好みです。なぜならこのようなことは、物事を遅らせるからです。しかしながらこの好みは蔓延しており、便利なスタートアップアイデア空間までもがきれいになってしまっています。数ブロック、雑然として、骨の折れるアイデアに心をさまよわせれば、実行されることを待ちながらそこに放置されている、価値あるアイデアに出くわすでしょう。

苦行フィルターはとても危険で、私は、それが引き起こす状態について別にエッセーを書いたくらいで、私はそれを苦行の盲目と呼んでいます。私は、例としてStripeを、このフィルターをオフにすることで利益を得たスタートアップとしてあげました。かなり目を見張る一例です。何千ものプログラマーがこのアイデアに気づく立場にいましたし、何千ものプログラマーが、Stripe以前に、決済を行うことがいかに苦痛かを知っていました。しかしながら、スタートアップアイデアを探したとき、無意識のうちに支払いと取り組まなければならないことに尻込みしたため、このアイデアを見つけることはありませんでした。またStripeにとって支払いと取り組むことは苦行ですが、許容できないことではありませんでした。実際には、全体を考えると苦痛は少なかったかもしれません。支払いと取り組む恐怖がほとんど人をこのアイデアから遠ざけていたため、Stripeは、ユーザー取得のような、スタートアップによっては苦痛を伴う他の領域で、比較的滑らかな航海ができました。ユーザーは彼らがつくっているものを待ち望んでいたため、ユーザーに知ってもらうために大いに努力をする必要がありませんでした。

アンセクシーフィルターは苦行フィルターと似ていますが、恐怖よりも、軽蔑により課題に取り組むことを妨げます。われわれは、Viawebを検討するうえでこれを克服しました。われわれのソフトウエアのアーキテクチャーについて興味深い事柄がありましたが、ある意味EC(eコマース)に興味はありませんでした。その課題は解決が必要なものだとは考えていました。

苦行フィルターをオフにすることは、アンセクシーフィルターをオフにすることよりもさらに重要です。なぜなら、苦行フィルターは錯覚である可能性が高いからです。錯覚でない場合においても、ひどいワガママであることに違いありません。成功するスタートアップをはじめることは、たとえ何であれ、かなり骨の折れることになります。製品が数多くの苦行を必然的に伴わないとしても、投資者とのやりとりや、人を雇用したり解雇したりなど、(苦行は)多くあります。あなたが格好いいと思うアイデアがあり、それに関連した苦行の恐怖が妨げの場合、心配しないでください。十分に優れたアイデアは、(苦行は)同じくらいありますから。

アンセクシーフィルターは、誤りの源ではありますが、苦行フィルターほど完全に無駄ではありません。急速に変化するフィールドの最先端にあなたが立っていれば、何がセクシーかについてのあなたのアイデアは、現実的に価値のあることとそのうち関係が出てくるでしょう。特に、年齢を重ね、経験は深まれば。さらに、セクシーなアイデアを見つければ、より熱心にそれに取り組むことになるでしょう。

あとがき

アンセクシー(unsexy セクシーじゃない)フィルター、苦行フィルター、ありますね。

メリービズは完全にunsexy、苦行と思われている経理をはじめ、事務作業のお仕事を代行するために「まさに!」という感じです。

メリービズはunsexy全開で進めていきます。

つづき → どうやってスタートアップアイデアを得るか? ポール・グレアム Part8

ポール・グレアムさんに感謝を示す上でも、是非是非、下のリンクをクリックして彼のPVもあげてあげてください。よろしくお願い致します。

元の記事  Paul Graham “How To Get Startup Ideas

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画