目の前の仕事に集中するためには?その2

目の前の仕事に集中するためには?その1?その2

先日、「目の前の仕事に集中するためには?」というテーマでブログを書きました。

 

前回に引き続き、今回は5つのポイントのうち、③から⑤のポイントについて書いていきたいと思います。

注)5つのポイントとは

①リストを作って決まったとおりに過ごす

②大きな目標と小さな目標に集中する

③オンラインとオフラインを効果的に使い分ける

④他人と交流する

⑤単純作業こそ将来につながっている

 

③オンラインとオフラインを効果的に使い分ける

まず、どのSNSを一番利用しているか、どうしてそのSNSを利用するのか明らかにすることが重要です。

仮にマーケティングのためにFacebookを使っている場合、時間を決めて利用し、目的が果たされたなら、ログオフにします。

 

また、目的が果たされたなら、PCから離れ、休憩を取ることをお勧めします。休憩は時間の無駄ではなく、仕事の生産性や、頭のバランスを整えるために非常に重要な要素です。

 

④他人と交流する

人はつい居心地の良い関係の人と一緒にいてしまいます。

 

しかし、自身に刺激を与え、生産性を高めたり、発想力を鍛えるためにも、違った興味のある人、違った仕事をしている人と会うようにすることが大事です。

 

また、友人と会う際には、1対1も良いですが、一度に複数人と会った方が、話題も豊富になり、より良いコミュニケーションが取れます。

 

⑤単純作業こそ将来につながっている

特にストレスがたまっているときは、単純作業こそが仕事を続けさせるコツです。

例えば、たまっていた経費精算を行ったり、レシートや領収書を弥生会計にさっと入力してしまうのも良いかもしれません。

そして残りの仕事が終わったら、パソコンの電源を落として、プライベートの時間を過ごしましょう。

 

 

いかがでしょうか?

特に、③のオンラインとオフラインを使い分けるということは、なかなかできていないことなのではないでしょうか?

休憩中もFacebookやTwitterを見てしまっていると、うまくオンとオフが切り替わらなかったりします。

SNSは非常に便利なツールだからこそ、ツールとして用いるために、どのように折り合いをつけるかが大事ですよね。

 

(出典:deskmagよりHow to Avoid Social Media Overload

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画