【決定版】経費、どこまで含めて良いの?レシート・領収書での悩み

経費として、交通費、交際費は何となくわかったが、「これは含めてしまって良い?」と悩むものは結構多いですね。スーツ、ドレス、DVD、旅行代、等。また、個人事業主の場合は家賃、電気代、水道代、自家用車を買った場合、など。どこまで含めてしまって良いかの判断基準についてまとめてみました。

経費になるの?どう判断するか?

経費の基本的な考え方

経費の基本的な考え方としては「事業に関係があるのか?」「事業以外では使えるおそれは無いのか?」ということになります。
例えば、会食にいっても、大事なお客様との会食であれば「交際費」等で経費になる可能性がありますが、大学の友人との飲みにいっても「事業との関連性」が少ないため経費としては認められにくいでしょう。
このため、どんな事業をしているのか?その経費がその事業とどう関係があるのか?他にプライベートで利用している可能性がないのか?が大事です。
次に個別な例でもう少し詳しく書いていきます。

衣装代・服代の場合:スーツ、ドレスは良いの?

経費? 衣装代 スーツ ドレス
営業であればスーツで営業先にいく必要がありますね。このためにスーツを買えば経費になるでしょうか?
これは結論として難しいでしょう。この件は裁判にもなっており、昭和49年の京都地裁では「経費にならない」と判決がでています。
理由として
①誰もが一般的に必要であること
②個人の趣味嗜好が入ること
③耐用年数にかなりの個人差があること
一方で、同じ服でも店舗の制服など、明らかにプライベートでは利用できないものであれば経費として認められる可能性が高いです。
つまり、どうしても服を経費として認めてもらいたい場合は、会社のロゴを印刷・縫い付ける等をする、プライベートで一切利用していないことを証明する、等が必要です。
一方で、ホステスのように、衣装がお仕事に絶対必要で、仕事で利用する可能性が低いものは経費として認められる可能性が高いです。

DVD、映画代、温泉旅行:こんなのも経費でOK?

経費? DVD 映画鑑賞 温泉旅行

通常は、DVDの購入、映画鑑賞、温泉旅行は娯楽にあたります。
しかし、評論をお仕事にしたり、作品を書くために資料として必要な作家や漫画家などの場合は経費として認められる可能性があります。
この場合、その資料がどのような作品に利用されたのかを明らかにすると良いでしょう。
ただし、温泉旅行を経費にしたいために、ブログを慌てて書いても認められない場合があります。そのブログがちゃんと「事業」として認められる必要があります。ブログを書いたことで本当に収益化できるのか?をきかれることもあるでしょう。

個人事業主の場合、そして最終的にだれが判断するかについて次のページで書きます。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。