海外からの送金受け取りに関して注意すべき点

By: forzaq8

海外の銀行へ送金する際に手数料が安い銀行や金融サービスについて書いてあるサイトは多いので、そちらは特に書きませんが、受け取りについての情報が非常に少ない気がしています。

海外送金で有名なところや、手数料が安いところでの受け取りを比較しました。

海外にある銀行からお金を受け取れる銀行は◯、受け取れない銀行はXをつけています。

◯ ゆうちょ銀行

◯ ウェスタンユニオン銀行

◯ セブン銀行

◯ 住信SBIネット銀行(ただし、日本円での受け取りには2,500円手数料がかかります。送金額が2,500円より低い場合は預金から差し引かれます。)

X 楽天銀行(準備中とのこと)

X ロイズ銀行の海外送金サービス「Goロイズ海外送金サービス」は、日本から海外への送金のみで、受取はできません。

X シティバンクは個人口座のみの取り扱いです。

調査対象では、住信SBIネット銀行のみが「外貨送金手数料」という呼び方で外貨を受け取るのに費用を受け取る側から取ります。

更に、送金金額を上回る場合は残高から引くようです。(日本円建てでの海外送金の場合2500円手数料かかるため、2500円以下だとむしろ残高が減るということ)

海外からの送金を受け取る銀行も慎重に選ぶ必要がありますね。

なお上記は現時点での情報であるため、お選びになる際には最新の情報をご利用ください。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。