経理初心者必読!あなたの経理業務の負担を劇的に軽減する4つの秘訣!

会計や経理という言葉を聞いただけで、数字が苦手な自分には無理だよと思われる方も少なくないのではないでしょうか?
中小企業や個人事業を営まれている方々は、会計の専門知識が無くとも経理業務の多くを手探りで何とかこなされているのが現状です。今回は、中小企業やベンチャー企業における経理事務の負担を軽減するための4つの秘訣をご紹介しましょう。

帳簿チェックを習慣化しよう!

経理・会計が苦手な方への4つの秘訣

毎朝パソコンでEメールをチェックしたり、毎週倉庫の在庫チェックを行うのと同じように、帳簿のチェックを日常的な習慣にしてみましょう。最近では、多くの会社の帳簿チェックは税理士さんが行うのが一般的になりつつありますが、出来る限り自分でも会計ソフトで入力した 項目に誤りがないかチェックするようにしましょう。

具体的には以下の3点を意識してチェックを行うとよいでしょう。

1.仕訳が正しく行われているか?

2.勘定科目は正しいものが使われているか?

3.消費税等の処理は正しく行われているか?

帳簿を定期的にチェックして会社のお金の動きを適切に把握することは、正しい経営判断を行いキャッシュフローを確保する上でもとても大切なことです。

帳簿チェックの日をカレンダーに書き込んで、定期的に上記の3点を意識して帳簿チェックを行いましょう。チェックの頻度は人にもよりますが、少なくとも月に一度は帳簿チェックの日を設けた方が良いでしょう。

やっぱり基本的な会計用語を知るのは大切

素人が会計や経理を毛嫌いする理由の一つに会計用語が難解であることが挙げられます。 しかしながら、ビジネスで大切なお金の動きを把握するためにも最低限の基礎的な簿記知識や会計用語を身につけた方が良いと言えます。そこで、会計の基礎を学ぶ上で参考にすべきいくつかの本やサイトをご紹介しましょう。

1.儲けにつながる「会計の公式」―借金を返すと儲かるのか? 岩谷誠治

儲けにつながる「会計の公式」―借金を返すと儲かるのか? 岩谷誠治

この本のタイトルにもついている「借金を返すと儲かるのか?」という問いかけは、その人が会計の本質を理解しているかどうかを測る上で有効な物差しとなる質問です。 この本では、毎日の業務で発生する売上や費用がどのように貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)に反映されるのかを簡単な図を用いて会計のド素人にも分かりやすく解説してくれている良書です。

2.会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本 天野敦之

会社法対応 会計のことが面白いほどわかる本 天野敦之

 株式会社の仕組みや会計の持つ役割、複式簿記と仕訳の基本、貸借対照表と損益計算書の見方、会社法の基本的な部分についてわかりやすく解説している本です。これから簿記の勉強を始めたり経理事務をこなさなければならない人にとって必携の1冊と言えるでしょう。

3.中小企業庁のホームページ

中小企業庁のサイトには、pdf形式の中小企業向けの会計基準を解説した冊子が充実しています。具体的な事例を使って日々の業務で遭遇するであろう様々な会計処理の手順を分かりやすく解説してくれていてとても便利です。

適切な会計ソフトを選ぶ

パソコンショップに行くと非常にたくさんの種類の会計ソフトが販売されています。その機能と目的に合わせて価格も様々です。最もメジャーな弥生会計は4万円台からと手軽な価格ですが、勘定奉行などのソフトの中には30万円を超えるものもあります。

最近では、インターネット上で無償で提供されているソフトウェアやクラウドで提供される会計システムなども登場しています。どのサービスを導入するかは、あなたの業態や必要な機能によって選ぶのが良いでしょう。導入する前に会計士や税理士の先生に相談してみることをおススメします。

会計ソフトの違いやクラウド会計システムについては以下のリンクも参考になります。

弥生会計?クラウド会計システム?? 比較してみました

会計ソフト?クラウド会計システム??何が違うの???その1

 

分からないことは臆せず専門家に相談しよう

日々の業務で、こんな時はどう処理すれば良いんだろう?という疑問が次から次にわいてくるはずです。貿易実務などに従事している場合、保税地区で行われた業務は非課税となるなどその税務上の会計処理はとても煩雑なものになってしまいます。

このような煩雑な処理を会計のプロでない経理担当者だけで正確に行うのは大変な作業です。加えて、消費税還付などの処理のため四半期締めをしなければならないなど、正確さと同時にスピードも要求されます。

このようなときは無理に自分の力だけで解決しようとするのではなく、積極的に会計士や税理士などの専門家に質問するように心がけましょう。彼らも親身になってあなたの悩みを解決してくれるはずです。会計税務に関する無料相談を実施している団体や会計事務所も多いので積極的に活用してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか? 専門知識が無いために経理業務で苦労されている方も多いかもしれませんが、一人で悩む必要は全くありません。今回ご紹介した本やウェブサイトを活用したり、また専門家にも積極的に相談することで日々の業務の負担を少しでも軽減することが出来るはずです。メリービズのブログでは、今後も会計や経理に役立つ情報をどんどん発信していく予定なので是非ご注目ください。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画