scansnap ix100: 名刺、会議資料、レシート、領収書スキャンの最終兵器?紙資料の共有を今すぐ!の時代へ

scansnap ix100 レシートも名刺もこうやって同時にスキャンができるPFUからscansnap ix100が発表されました。一足先に使ってみました。

使ってみた結果、いろんな観点から自分なりに評価し、感想を書いてみようと思います。

※ なお、こちらは工藤の個人的な感想であり、リブ株式会社の公式な見解ではありません。

コンパクト!軽い!そして置き場所に困らない

Wi-Fiを本体に搭載しているスキャナとしては世界最軽量のようです。400gという軽さです。

そしてとにかく小さい。scansnap SS1100が更に軽い350gのようなのでそれよりは重いですが、ペットボトル1本より軽いのでそれほど重たいと感じないと思います。

本体にWiFiがあるので少し離れたところに置いても使えます。さらに充電池内蔵のためパソコンとかから電源を取る必要がありません。

そう、ケーブルを気にする必要が無いのです。置き場所に自由度がかなりあがります。

更に、パソコンがなくてもiPhone/iPad/Androidスマートフォン/Androidタブレットからでも直接操作できます。

最小構成

scansnap ix100 こんなに小さい!
scansnap ix100 こんなに小さい!iPhoneと比べても!これでWi-Fi内蔵!

そしてAndroidやタブレット等をお持ちであれば、きっとカバンに入っているUSB-microUSBケーブル1本とUSB電源アダプターがああると思います。それさえあればscansnap ix100の充電もコンセント、パソコンから、そしてモバイル用電池から出来ます。よく考えられた構成だなと思いました。

新幹線のなかで取引先名刺および会議資料をスキャン

新幹線で移動している時とかの隙間時間に新幹線の狭いトレーの上に置いて名刺・請求書・レシートのスキャンが出来てしまいます。その日やその週の商談資料や頂いた名刺を移動している間にチーム全体と共有し、すぐに次の提案の準備に入れます。スピードが大事なビジネスにおいては、とても強い武器になりそうです。

そのうち新幹線や空港の待合いでscansnap ix100でスキャンしている営業の方をよくみるようになるかもしれませんね。

チーム全員で共有

SOHOとか、小さいオフィス・会社だとスペースも限られています。scansnap ix100であればスペースも取らないため誰かの机の端にでも置いておけます。

一家に一台

家にいるとわざわざスキャンをする機会はそれほどないため、スキャナーをおく場所が勿体ないと思います。このscansnap ix100であれば簡単に片付けられ、場所も取らないため必要の時にさっと出して使うのに良いと思いました。

個人向けのドキュメントソリューション

家でのニーズはあまりピンと来なかったのですが、出先で急いで資料を送らないといけないビジネスパーソンにはとても良いツールだと思いました。

お客様先での資料に書いたメモ書きをそのままスキャンし、会社にメールし、新幹線に乗って会社に戻るとほぼ新しい提案が出来ているようなオペレーションもつくれそうですね。

メリービズも早くこういうモバイルスキャナーと自動で連携でき、皆さんの経理業務を更に楽にしていきたいと思います。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。