お金に対する考え方と貯金のコツ

お金の使い方と貯金

みなさん、貯金はしていますか?夏のボーナスが終わり、これから休暇という方も多くいるのではないでしょうか。

ついつい日々の生活で無駄使いをしてしまいますが、お金を管理・運用する感覚を鍛え、お金とうまく付き合っていけるようになりましょう。今回は、貯金の心構えとコツ、便利なツールをご紹介します。

「浪費」か「投資」かを考えてお金を使おう!

ひとくちに支出といっても、使い道によって「浪費」になるお金もあれば、「投資」となるお金もあります。まずはお金を何のために使うのか? それは浪費か投資か? を考えるところから始めましょう。

「投資」は、自分のスキルアップや人脈作りなど、将来的に考えてプラスとなるものにお金を費やすことです。

一方、「浪費」はただ消えていくお金です。例えば、「100万円を目標に貯金しよう」、「自己投資として毎月2万円までは書籍購入代にあてよう」といった目的があり、主体的に使うお金は投資になります。一方、飲み会帰りのタクシー代、特に必要ないのに衝動買いしてしまった洋服代などは浪費です。

貯金の目標額を決めよう!

先月の支出を浪費と投資に分けて考えると、「もっと自己投資にお金を使いたいな」「この部分は減らせそうだな」といった、お金をこう使いたいという意識が芽生えると思います。次は、しっかり貯金をするために具体的な目標金額を設定しましょう!

毎月の給料の手取り額から固定費(食費、家賃、水道光熱費、通信費、実家への仕送りなど)

を抜いて、残った金額を貯金、自己投資、趣味や遊び、予備費などに振り分けます。貯金の習慣がなかった人は、手取り額の10%を貯金することを目標にしてみましょう。学校に通うため、資格を取るためなどで、明確な貯金の目標額がある場合は、そこから逆算して毎月の貯金額を設定する方法もあります。

ただ、あまりにも高すぎる目標設定だと、貯金をすることに疲れてしまうので、10万円貯まったらご褒美に美味しいご飯を食べる、100万円貯まったら旅行に行くなど、節目にイベントを設けるのもよいかもしれません。実際に目標とした貯金額を達成できると、自信もつきますよ。

「月の手取りが低いから、ボーナスでたくさん貯金する」と考えている方も、ぜひ、一度見直してみてください。基本的なことですが、月ごとのお金のフローを切り取っても、収入>支出で生活ができるようにする必要があります。そのうえで、ボーナスは全額貯金、もしくは旅行や買い物のための予備として考えておくとよいでしょう。

給料をもらったらまずは貯金!複数の口座をうまく使ってみよう。おすすめはネット銀行

うまく貯金ができている人は、複数の口座を使っている場合が多いです。口座が一つしかない方は、貯金用の銀行口座を開設してみてはいかがでしょうか? 「普通預金だと結局使ってしまう」という不安があれば、定期預金にする方法もあります。

そして、給料日になったら貯金口座へお金を移しましょう。給与天引き、自動振替、自動引落しを設定しておくのも有効です。生活費を入れている口座にお金があると、ついつい使ってしまいがち。最初からなかったものと思って生活すれば、案外やり繰りできるかもしれませんよ。

そこでおすすめなのがネット銀行!

普通の大手都市銀行の場合、普通預金の金利は0.02%〜0.05%です。(2015年8月現在)ネット銀行では、クレジットカードを作ったり、いろいろな条件をクリアすることで、金利が高くなる可能性があります。また、定期預金は圧倒的に金利がお得なので、メインバンクの他に、貯金用にネット銀行の口座を開設するのはおすすめです。

また、ATM手数料が24時間無料などのサービスもついてくるので、ぜひ活用してみてください。

イオン銀行

住信SBIネット銀行

じぶん銀行

楽天銀行

アプリを使うと支出の分析も簡単に!

貯金もそうですが、自分のお金を管理・運用する感覚を鍛え、自分が何にいくら使っているかを把握するには、スマートフォンのアプリを使うと便利です。

個人の資産管理アプリもたくさん登場しており、簡単なお小遣い帳くらいのものから、銀行口座やクレジットカードと連携できるものまでさまざまです。現金の使用に関しても、レシートを撮影するだけで費目、金額などをデータにしてくれる機能がついているものもあります。

マネーフォワード

マネーツリー

また、株などの運用について学びたい!という人はこちらのアプリを利用して、情報収集から始めませんか。

あすかぶ!

みんなの株式

いかがでしたか。ぜひ便利なツールなどを利用して、給与の使い方を見直して、効率のよい貯金につなげたいですね。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画