自分の得意なことだけを仕事にしよう!アウトソースのススメ!

 

自分の得意なことだけを仕事にしよう!

こんなスローガンを掲げて、ノボリを作ったのは4月でした。

(詳しくは 「新しいサービスの発表!MerryBiz」をご覧ください)

自分たちがこのサービスを通して何を実現したいのかをも少し詳しく書かなければと最近思い、今日ブログに書きたいと思います。

会社の機能が多岐わたる

 開発、人事、経理、マーケティング、PR、、、、

事業をはじめると必要なことがどんどん増えていきます。

「あれ?マーケティングとPRって何が違うんだっけ?」

「紙媒体とか、デジタルって同じ人で出来ないの?」

更に、どんどんと細分化され

  • ・ウェブマーケティング用ブログライター
  • ・ウェブマーケティング用イメージ用フォトグラファー
  • ・・・・・

こんな調子でどんどん細分化できます。

マーケターを見つけた!と喜んでいたらFacebookページの運用をやったことがない方だったり、となかなか難しいです。

見つけるのが難しいので、気がつくとどんどん自分で実施してしまい、寝る時間もなくなってしまう….

本当に大事なことは何?

 事業でいろんなことをしないといけないのですが、本当に大事なことは何か?

事業ステージおける優先順位

商品もサービスも完成していないのに、マーケティングを実施しても費用対効果、時間対効果を考えても非常に効率が悪いです。

自分がやるべきことの優先順位

エンジニアなのに、気がついたらここ3日は弥生会計と向きあっている。勿論事業ステージにおいて、リソースが足りないという場合もありますが、これが長く続くとおかしなことになります。

自分のリソースを最大化するのに何を優先的にすべきなのか?

これを常に自問しないといけないですね。

全部自分ではやらない

 自分もそういう傾向があるので、自戒をこめてなのですが「抱え込んでしまう」人、いますね。人間24時間しかないし、腕は基本2本だし、生産できるのには限界があります。これをいかに伸ばすかというよりは、誰かにお願いをした方が良いですね。

  • 「お願いしても、ちゃんと求めている品質は得られないんだよー」
  • 「管理の方に逆に時間がかかってしまう」

もし、こう考えているようでしたら、アプローチを変えていくといいかもしれません。大きなことをするにはチームで仕事をするしかありません。事業とはいかにみんなで実施して、多くの価値を生み出すかということです。もし一人で実施して、価値を生み出すのであれば、それは素晴らしいコンサルタントなのか、素晴らしいクリエイターなのかもしれません。

このため、みんながみんな会社の経営や、マネージャーに向いている訳ではありません。伝統的な企業だと、エンジニアでも歳がある程度いくとマネージャーを任されますが、良いエンジニアと良いマネージャーに求められることは全く異なるため、このやり方はあまり賛成できません。(エンジニアのことを全く理解出来ないマネージャーを用意するのも同様に問題です。)

協力をお願いできるところはお願いしよう!

チームでの生産性を最大化させるためには、取捨選択をし、他の方にお願いできることをどんどんお願いできるようにした方が良いです。

お願い出来る相手としては以下の分類が出来ます。

チーム内のメンバー

チーム内でお互いに得意・不得意、やりたいこと・やりたくないことを整理し、共有することでうまく仕事を割り振り出来る環境が出来ます。

業務委託

会社にきて頂くか、外部で仕事をするか(アウトソース)、いろいろと選択肢はありますが、外部の人員やスキルを活用する方法があります。

業務委託すべきかどうかは、自分の単価またはその作業時間で自分が生み出す価値を計算し、それを下回る価格でお願いできる場合はどんどんお願いしましょう。(価格を計算する際には自分の管理コストを考慮することをお忘れなく!)

提携

もし、作業ではなく「機能」が必要な場合(例:経理、労務管理、PR)は提携とかも考えると良いかもしれません。互いの会社で足りないものを交換できるような関係の場合は提携がうまくいく可能性があります。

 仕事を誰かにお願いした場合でも管理は必要です。

出来るだけシンプルなやり方で、誰が何をいつまでにしないといけないかを確認できる仕組みを用意しておくのはとても大切です。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画