Gmailを間違って送ってしまった!取り消しをする方法

Gmailを間違って送ってしまった!取り消しをする方法

しまった!まだ途中なのにメールを送ってしまった!

あ!スキャンしたレシートを添付し忘れた!

あ、年末調整のメールを経理ではなく、間違って部長に送った!

そういう操作間違いありますよね?

急いでいる時に限って起きる気がします。年の中で一番忙しい師走の時期であれば世界中でおきているのではないでしょうか?

そんな恥ずかしい間違いを無しにする便利な方法をご存知でしょうか?

送信したGmailを取り消す

Gmailにログインします。

画面右上の歯車マークから設定を選びます。

そのなかで「Labs」というタブを選びます。

「Labs」?

あまり使った事ない方も多いと思います。Googleが開発中の新機能が用意されています。

こちらの、「送信取り消し」というのをお選びください。

これで、下の「変更を保存」を押せば設定完了!

実際にGmailを間違って送ってみましょう

こんな感じでマジメにメールを書いている際に、なぜか手が滑り、偶然にも赤い「送信」ボタンを押してしまいます。

通常なら、これで「ごめんなさい。ごめんなさい。」なのですが

画面の上部をよくご覧ください。「取消」のリンクがあります!

これを押せば、なんと先ほどの間違いは無かったことになります!

ただし、30秒程度しか猶予がないため、慌てて取り消ししましょう。

あとがき

慌ててメールを書かない状況が良いのですが、間違いはおきます。

人間ですもの。

この記事がお役にたったと思われる方は是非したのFacebook、Twitterボタンを押してください。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。