ストレスフリーな仕事のやり方!経理業務は外注しよう

ストレスフリーな仕事のやり方!主要業務以外は外注しよう

日々ビジネスの成長のために戦い続けている皆様。

ビジネスの成長を加速させるためには、「人、もの、情報、お金」をどれだけ大事な事業に集中できることが大事になってきています。

 

経営資源の最適な利用方法

経営資源のなかで社長や会社内の主要メンバーが本当に大事な事案に全ての時間を費やせるのは大切です。

ところが、採用だったり、役所への手続きだったり、会議に時間を奪われて気がつくと時間が無くなっているケースが多いです。

ここで大事なのは

  1. やるべきことに何があるのか?
  2. 優先順位はどの順番なのか?
  3. そのやるべきことは、実施することなのか、決めるべきことなのか?
  4. 優先順位のどこまでをいつまでに実施すべきなのか?
特に実施すべきこと(作業)なのか、決めるべきこと(判断)なのかの区別は非常に大事です。

 

「判断」は時間喰い虫

 なかなか決まらない事案があります。プランAが良いのか、プランBが良いのか?

「もう少し調査しよう」「他のパターンでの見積もりは?」

どんどん時間が過ぎます。そう、大事な資源が消費されていきます。

その判断で得られる短期的に利益を上回るコスト(つまり人件費)をかけるともはや実施する意味が無くなります。

適切な時間以内で判断をすることが大事です。時間を意識して判断をする癖をつけると良いです。

 

作業は分解!そして外注

作業は実は更に「判断」「特殊作業」「一般作業」に分解出来ます。

「判断」は経験・スキルを要するため、社内でも決まった方しかなかなか実施出来ないと思われます。将来的にはボトルネックになるようであれば人材の育成や外部からの調達が必要になります。

「特殊作業」「一般作業」は外部に委託できるのです。

昔なら業者を連絡して、作業の話をして、見積もりをもらってと途方も無い時間がかかっていたので相当な時間節約が見込める場合を除いて外注は難しかったです。

しかし、時代は代わり「クラウドソーシング」というのが生まれました。

 

クラウドソーシングサービスの発達:システム開発、デザイン、マーケティング、そして経理

「一般作業」とは、データ入力、データチェック、データ集計のようなものです。人海戦術を必要とするものです。このような作業に社内のリソースを使用するのは無駄です。これは「マイクロタスク」と呼ばれクラウドソーシングが得意とするものです。

また「特殊作業」でもクラウドソーシングを利用できるものも増えています。イラスト作成、記事作成、翻訳、プログラミング、等。これらは実はクラウドソーシングサービスを活用できます。

※ ちなみに、国内・海外のクラウドサービスはこちらをご覧ください。

経理の作業に時間を要している方は、是非ご連絡ください

この記事が少しはお役にたった場合は是非下で共有お願い致します!

たくさんのいいね!、シェア、共有、ありがとうございます!

記事を公開したところ、多くの反響がありました!

ありがとうございます。コメントのなかに

僕の場合は、まず全て社内で業務を回せるようにしてからアウトソースするポリシーですね。

というのを頂きました。確かにおっしゃる通りですね。

多くの業務は簡単に外部に出せない障壁として「マニュアル化されていない」場合がありますね。またマニュアルがあっても社内用語が多くて、一般の方には理解できない場合もあります。ここの工夫は確かに必要です。

 

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。