請求書サービスをまとめてみました

請求書サービスをまとめてみました!

皆さんは、毎月請求書をどのように発行していますでしょうか?

お客様の数が増えてきますと、結構時間がとられる作業になってしまいますよね。

そうした面倒な作業を効率化するための、クラウド請求書サービスを一覧にしてまとめてみました。

 

請求書サービス一覧

MakeLeaps

特徴

・無料~6,780円まで、オプションは様々

・郵送も対応(全プラン一律1通199円)

・iPhoneでも操作可能

 

無料版

・無料の場合、登録できる顧客は5社まで

・扱える人数は1人

 

有料版

・999円/月、2,780円/月のプランがある

・25社から100社まで登録可能(それ以上は要相談)

・扱える人数は1人~10名まで

 

チェック

・nanapiなどにサポート情報が充実

・APIも提供している

 

misoca

特徴

・請求書の作成、管理、送信ができる

・見積もりの機能有り

・iPhone, Androidスマートフォンでも操作可能

・料金プランは無料、980円/月のベーシックプラン、1980円/月のビジネスプランの3つがある

 

無料版

・無料版は3通まで郵送可能(1通当たり210円)

※有料版の場合、1通当たり160円で郵送可能

 

チェック

・有料の2プランを2か月無料で利用できる(2012年10月22日現在)

 

Zoho Invoice

特徴

・利用料金は無料、18,000円、36,000円の3種類

・請求書周りだけでなく、経費周りも管理できる

・また、自動で請求メールを送ることや、状況をレポートにして出力することも可能

 

無料版

・5名まで顧客先を登録可能

・期限設定はなし

 

チェック

・多機能なだけに操作を覚えるまでに慣れが必要

 

Golazo

特徴

・送信メールの事前テンプレートなどはしっかりしている

・使用できるのは請求書・見積書

・扱える人数に制限はなし

・無料

 

チェック

・適宜アナウンスが出て、導入で迷うことはない

・余計な項目もなく、使い勝手はよい

 

みつもらー

特徴

・フリープランと5,000円/月のプレミアムプランがある

・PDF化はできない

 

無料版

・見積書作成は10件まで

・30日間使用可能

 

チェック

・請求書作成などの際にエラーが発生したときに、エラーの原因がメッセージで表示されず、なぜエラーなのかが分かりにくい

・搭載機能は非常にシンプルで使い勝手は良い

 

SMART Invoice

特徴

・無料、525円/月、1,050円/月、5,250円/月の4プランがある

・請求書、納品書、見積書などの設定が行える

 

チェック

・How to useがなく、初見ユーザーからすると、若干分かりにくいUI設計になっている(「発行元」の設定方法など)

・無料版と有料版の違いはクライアント数、発行者の2つ

・また、有料版の場合、APIを利用することも可能

 

いかがでしたか?

もし、会社の人員や請求書を発行するお客様が増加し様な場合は、拡張性の有無を踏まえつつ、無料版からを用いることも良いかもしれません。

 

MerryBizブログでは、今後も皆様のお役に立つような情報を配信していきたいと思います。

※ 上記紹介サービスは10月27日時点の情報であり、今後変わる可能性があります。ご利用の際には最新情報をご確認お願いします。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画