会計ソフト?クラウド会計システム??何が違うの???その1

会計ソフト?クラウド会計システム??何が違うの???その1

先日、「弥生会計?クラウド会計システム??比較してみました」というテーマでクラウド会計システムと既存の会計ソフトを比較した記事を書いてみました。

 

ですが、全体的にざっくりとした内容であり、検討の材料としては若干情報が乏しいと思い、もう少し詳細に分析した上で、ブログを書いてみようと思います。

 

既存会計ソフト、クラウド会計システムについてそれぞれ記事を書いていきたいと思います。

今回は既存の会計ソフトをピックアップしてみます。

 

会計ソフトの紹介

世の中に会計ソフトは多々ありますが、当ブログではシェアトップ3の弥生、勘定奉行、PCAをピックアップしてみたいと思います。

簡単な特徴は下記の通りになります。

 

弥生会計

・製品

やよいの青色申告12 10,500円 (本体価格 10,000円)

弥生会計 12 スタンダード 42,000円 (本体価格 40,000円)

・特徴

データの送受信機能あり ※青色には無し

データのバックアップ機能もあり

仕訳辞書機能

 

 【勘定奉行

・製品

勘定奉行21Ver.5 84000円

・特徴

データ送受信機能

バックアップ

分析資料作成も可能

ERPや、多くの機能をカバーする豊富なラインナップ

 

PCA

・製品

PCA会計X 157,500円~

・機能

部門別管理機能有り

ERPなどもあるため、会社規模拡大に合わせて拡張することが可能

顧客満足度はトップ

 

選ぶ際のポイント

それでは、会計ソフトを選ぶ際に、どんなポイントで判断すれば良いのでしょうか?

機能面で見ますと、どのソフトも業務を行う上で必要な機能は満たしていることを踏まえますと、価格操作性拡張性の3点から見ることにしたいと思います。

 

・価格

ピクシスミロク情報サービスから15,000円~20,000円前後と安価なソフトも出ていますが、価格と機能、サポート体制を踏まえると、弥生会計が一番良いです。

特に弥生会計は、小規模の企業をメインターゲットに設定していることもあり、本業とは関係のない部分の支出を極力減らしたい中小企業、ベンチャーからすると非常に良いと思います。

 

・操作性

操作性に関しては、2つの面から見る必要があると思います。

それは、顧問先の会計士・税理士が何を使っているのかという点と、社内で誰が会計ソフトを使うのかと言うことです。

 

大体のケースにおいては、どのソフトを使っても問題は無いと思いますが、顧問先の先生が特定のソフトのみを用いている場合、統一した方がデータのやり取りはスムーズになります。

なお、弥生会計、勘定奉行は、会計士・税理士の方とデータのやり取りをしている間に追加で記載しても、上書きによって消えたりすることがないため、先生方に確認して頂いている間に、経理業務がストップすることがなく便利です。

 

また、例えば起業したりして、今まで経理経験が一切ない場合は、サポート機能や操作が簡単な方が良いですよね。

そうしますと、弥生会計にやや分があります。

仕訳アドバイザー機能がついており、どのように仕訳すれば良いのか分からなくなっても、問題ありません。ですが、もし多少の経理経験がある場合は、PCAや勘定奉行などの方がよいと思います。その理由は下記に書きます。

 

・拡張性

会計ソフトは、他社のソフトとの相互間性が無いため、一度選ぶとなかなか乗り換えできません。

そこで、会計ソフトを決める前に、将来会社がどれくらいの規模になりそうなのかを、きちんと考えておく必要があります。

そこで、会社の成長に合わせて拡張することができるのはどのソフトか見ますと、多くのラインナップを揃えており、またERPの販売も行っている勘定奉行、PCAがよいです。

特に、勘定奉行シリーズは人事、給与、販売・仕入れ管理などの多くのラインナップを揃えている点で、他社より一歩抜きんでています。

ですが、例えば30人から50人でも十分に回せるようなビジネスモデルで会社を成長させることができる場合は、弥生会計がよいと思います。

 

 

いかがでしたか?

今回は会計ソフトをピックアップし、選択する際の軸をいくつか出して、それぞれ見てみました。

ですが、どの軸を重視するかは人により異なりますし、また、実際に触ってみることにより、相性を判断することも重要です。

 

その際に、上記の情報が参考になりますと幸いです。

なお、今後各会社のサービス体系、料金体系等変更になることが考えられます。最新の情報をご確認頂けますよう、お願い致します。

 メリービズではこのように、会計/経理のお役にたつ情報を配信しております。ご興味がある方は、下のFacebookいいね!ボタンや横のTwitterボタンでフォローをお願い致します。

次回は、クラウド会計システムに関して取り上げてみたいと思います。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画