【保存版】副業・複業している方向けの確定申告のやり方とコツ

副業・複業だけ確定申告すればいいわけではない. たまに間違った認識をされているケースがあるのですが、確定申告は副業・複業だけをすればいいのではありません。 給料の収入も合わせて確定申告が必要です。 「給料は年末調整しているからいいのでは?」と思われる方が多いです。 確かに収入が給料だけでしたら年末調整をしていれば確定申告は不要です。 副業がある場合は給料と副業・複業を合わせた所得に対して税金を計算しなければいけません。

副業・複業やっていると必ず確定申告する必要がある?

複業・副業をしている場合には

年度末近くになると「確定申告」という言葉を耳にしたことがあると思います。サラリーマンで複業や副業をやっている方、2社掛け持ちの方であれば「自分も確定申告しないといけないのかな?」と気になっている方も多いと思います。

もちろん、働き方や収入を得る方法によっては、確定申告は必要ありません。特にサラリーマンやバイト・パートをしていると、確定申告をしたことがない方のほうが多いかもしれません。

確定申告が必要なのに関わらず、確定申告しなかった場合は無申告加算税を課せられる可能性があります。無申告加算税は、確定申告の申告書を3月15日の期限内に提出しない場合に課せられる罰則的税金です。税務署から調査を受けてから期限後に申告、または申告をしなかったために税務署から所得総額の決定を受けた場合、納めるべき税金に加えて無申告加算税を払うことになります。

副業・複業だとどの人が対象になる?

給与以外の所得(収入-必要経費)が20万円を超えると、確定申告が必要となります。

ちょっとした小遣い稼ぎ程度のつもりで副業・複業をしていたとしても、その収入が20万円を超えた場合、確定申告をしなければなりません。現在、副業でもある程度の収入を得ている、という方はその額をチェックしておきましょう。

副業・複業をしているとどのように確定申告をするのか?

確定申告には2種類あります。「白色申告」と「青色申告」です。白色申告は単式簿記で事前申請無しで簡単に申告できます。青色申告は事前に申請が必要で複式簿記で行う場合は書類の作成にも手間がかかりますが、多くの税制上の優遇・控除が受けられます。

副業・複業の収入を青色申告で行う場合は個人事業主の開業届を提出し、副業・複業であっても事業規模だと認められる必要があります。更に青色申告承認申請書を提出していなければいけません。

青色申告として申告する年の3月15日が期限のため、実際に申告書を提出する一年ほど前に申請書を提出しなければなりません。事業を開始したのがその年の1月16日以降の場合は、開始日の2か月後まで申請可能ですが直前になって青色申告には変えられないため注意が必要です。

確定申告に必要な書類一覧

個人事業主・フリーランスの確定申告・青色申告で経費にならないもの一覧

やってみて、難しそう、3月15日までに終わらない!という方は「メリービズ シンプル確定申告」もご検討ください。

メリービズ シンプル確定申告

僅かな費用で、書類をそのまま送るだけで確定申告が出来上がります。会計ソフトもパソコンも必要ありません。

送るだけで経理が終わる「MerryBiz」紹介動画

工藤博樹

カナダ生まれ。カナダ、シンガポール、フランス、日本育ち。 ‘00 東京工業大学修士課程修了 ’00-08日本IBM グローバルプロジェクトのプロジェクトマネージャーを担当。’08 INSEAD MBA取得。欧州経営戦略事務所にて金融、製薬、製造業の大手企業向けに経営戦略をコンサルティング。'10年Locondo.jp立ち上げ。’11年スローガン新規事業パートナー、GREEグローバルアライアンス担当を務めた後 '12年2月にリブ株式会社で経理サービスを開始。