資本(純資産):資本金1円からはじめられる株式会社

資本とは?

1円玉の写真

資本は、広義には純資産の部の金額のことをいい、狭義には純資産の部の中の株主資本の金額のことをいう

純資産の部は資産から負債を引いた金額で構成される。

株主資本は企業活動に必要な資金の源泉、および企業が過年度に獲得した利益のうち処分されずに留保されてきた留保利益をいいます。

場合によっては負債を他人資本、純資産の部を自己資本として、貸借対照表の貸方側全てを総資本と呼ぶこともあります。

資本に関する名称の関係の図。総資本には負債(他人資本)と純資産の部(自己資本)が含まれる。純資産の部(自己資本)には株主資本と評価換算差額等が含まれる。

株主資本の内訳

資本金

株主資本のうち資本金は会社をはじめるに当たり元手として用意する金額のことです。

ご自分で用意することも可能ですし、他人に出資してもらうことも可能です。

以前の商法では元手として1,000万円用意しなければ株式会社を設立することはできませんでした。

しかしながら、2006年5月1日会社法に施行になり、最低資本金制度がなくなり資本の金額は問われないようになりました。

廃止の理由としては、ベンチャー等の起業を促進するためです。

同時に300万円から設立できた有限会社も設立することができなくなりました。

資本余剰金および利益剰余金

資本金以外の株主資本には株主から出資された金額のうち資本金とされなかった資本剰余金、利益の内配当されなかった利益剰余金があります。

また、自己株式や新株予約権等が計上されます。

評価換算差額

評価換算差額とは、株主資本ではなく純資産の部に計上される金額に有価証券評価差額金、為替換算調整勘定があります。

これらの金額は上記で記載した資本の概念と考え方が異なります。

資産と負債をきっちり定義し、それ以外のどちらにも当てはまらない金額が会計上出てきてしまいます。

その金額について、(計上する場所がないので)純資産の部に評価・換算差額等として計上しています。

有価証券の時価評価差額が一部純資産の部に入るのは少し違和感がありますでしょうか。

時価評価して、利益として計上すれば利益となり、利益剰余金として、純資産の部に計上される予定なので、

損益計算書に収益計上していない時価評価差額は純資産の部に計上されても問題ないという考え方もご納得いただけるかと思います。

国際会計基準適用に向けて整理した結果なので、その他の部とか作ればいいのでは?と考える方もいるかもしれませんが、ご理解下さい。

Next: 収益を把握するために大事な損益計算書(PL)