収益:収益と利益そして収入って違うの?

収益と利益そして収入って

収益とはある期間において、経済活動の結果生じた資産の増加の原因を意味します。

代表的な売上の他に受取利息、固定資産売却益等、資本取引以外で資産を増加させる取引から生じる項目を指します。

収益と利益はどう違うのでしょうか。

収益-費用=利益

資産を増加させる総額が収益で、そのために必要な経費を差し引いた残額が利益となります。

収益は損益計算書で、上から営業収益、営業外収益、特別利益の順に分けて記載されます。

それぞれ対応する費用を差し引くことで、段階利益が計算されます。

損益計算書の例。

営業収益

営業収益は、売上やサービス料収入といった主たる経済活動から生じる収益のことを指します。

営業収益は、本業がどれだけ収益を上げているのかを記載するため、最終利益と並んで最も注目度が高くなります。

そのため、前年度比較や、資本対比の数値は銀行も注目しており、経営者の方々は厳格な管理が必要となります。

営業外収益

営業外収益は主たる営業以外の経済活動から生じる収益のことを指します。

預金利息や受取手数料、受取配当金が計上されます。

この項目では本業以外の収益を計上できるため、投資に成功している会社は有価証券売却益で当該項目が膨らむこととなります。

特別利益

特別利益は、営業収益・営業外収益どちらにも計上されない収益で、毎期発生する性質でない利益を指します。

固定資産売却益や、子会社株式売却益が計上されます。

収益と利益の違い?

次に、収益と利益の違いです。

収益のなかに収入は含まれます。

収入は金銭の授受を前提とした概念ですが、収益には金銭の授受が発生しないケースもあります。

例えば、株式の評価益や、資産の無償提供を受けた際の受贈益等があります。類似の概念でわかりずらいですので、注意して下さい。

Next: 費用: 費用と損失と損金の違い?税金払うくらいなら飲んでしまえ?